紅茶ツアー

TEA TOUR 国内外紅茶ツアー

海外、そして国内の茶産地、茶文化を築いた土地へ!

現在募集中のツアーは以下の通りです。

______________________

◆2021年12月5日~6日

「紅茶で巡る世界の旅」日本編 伊勢志摩の旅 残席1室となります(1名or2名)

 

伊勢出身の「大黒屋光太夫」は日本人として初めて紅茶を飲んだとされる人物。江戸時代、ロシアでティータイムを経験することになった経緯とは?また、三重県は茶生産量第3位のお茶処。生産地を訪ね、緑茶や紅茶を味わいます。宿泊は伊勢志摩サミットの舞台となった「志摩観光ホテル」です。三重産木材のスタンドを使用したこだわりのアフタヌーンティー、地元海の幸をふんだんに取り入れたフランス料理もお楽しみ下さい。

 

お申し込み・お問い合わせ
毎日新聞旅行(担当:濵村
03-6265-6966

 

紅茶チラシ2021.12月.伊勢志摩の旅ver.jpg

 

 

 
______________________

2020年5月19日~21日  延期になりました。(来年春予定!)

「紅茶ロマン紀行」平戸&嬉野編

 

紅茶の歴史を訪ねると「平戸島」に辿り着きます。ヨーロッパに初めて茶がもたらされたのは1610年。平戸に商館を置くオランダが、大海原を越えヨーロッパまで持ち帰ったものでした。そもそも日本で茶が広く栽培されるようになったのは、1191年に栄西が宋より持ち帰った茶の種を平戸に植えたことから始まります。平戸は茶のルーツが沢山詰まった見逃せない場所なのです。
今回は、異国情緒漂う平戸の街に、今なお現存する数多くの「茶のルーツ」を巡る旅です。また“貴重な砂糖”と“南蛮菓子文化”を入手できた土地ならではの「平戸伝統菓子」も楽しみます。嬉野では“うれし野紅茶”で名高い「太田重喜製茶工場」でお話を伺い、和紅茶の世界に触れます。さらに、樹齢350年の大茶樹、伊万里焼や有田焼の窯元など、茶の魅力満載の旅です!

お申し込み・お問い合わせ
毎日新聞旅行(担当:濵村
03-6265-6966

 ______________________

◆2020年2月5日~11日 終了しました

マレーシア紅茶ツアー

   ~マレーシアの紅茶産地と大航海時代のノスタルジアを訪ねる

 

 美しい茶畑の緑広がる紅茶産地「キャメロンハイランド」は、英国時代に開拓された高原地帯。茶園や紅茶工場を訪問し、できたての紅茶を味わい、茶葉の香りに包まれます。また、東洋の真珠と呼ばれる「ペナン島」では、英国東インド会社を通して見る紅茶の軌跡を辿り、マレー風の紅茶文化に触れ、西洋の面影を色濃く残す世界遺産の街並みを歩きます。
 避暑地の爽やかな風が抜ける「キャメロンハイランドリゾート」、そして東洋一のホテルと謳われた「イースタン&オリエンタルホテル」のホテル滞在も忘れられない時間となることでしょう。
 マレーシア紅茶文化と食文化の旅へ、ご一緒に旅をしませんか。

☆☆☆ツアーのポイント☆☆☆
◆茶園を訪問し、紅茶の生産過程を見学、できたての紅茶を味わいます。
◆英国時代の面影を訪ね、マレーシア紅茶の歴史や文化に触れます。
◆お食事も厳選しました。マレーシアグルメをお楽しみください。
◆高原避暑地に美しく佇む「キャメロンハイランドリゾート」、東洋一のホテルと謳われた「E&Oホテル」のホテル滞在も忘れられない時間となることでしょう。

 

お申し込み・お問い合わせ
毎日新聞旅行(担当:谷地
03-6265-6966

______________________ 

◆2019年4月17日〜20日 終了しました

春の台湾お茶ぶらり旅  

     ~東方美人茶の里・北埔と

        包種茶の里・坪林を訪ねる~

 

台湾茶を巡り、台湾の食文化を楽しむ旅が決定いたしました。東方美人茶の里「北埔」と包種茶の里「坪林」を訪ね、また、客家の伝統茶である「擂茶」も体験します。

さわやかな香り、清らかな味わい。

台湾の茶文化と食文化の世界へ、ご一緒に旅をしませんか。

 

お申し込み・お問い合わせ
毎日新聞旅行
03-6265-6966